R4 川東中ブログいぶき

晴れ 川東中学校 離任式

 令和3年度、10人もお世話になった先生方がご転任、ご退職されます。川東中学校を表に裏に支えていただいた先生方との思い出は尽きませんが、お別れすることになりました。体育館に該当クラスなど少しだけ生徒が入場し、残りは教室でミートを利用したリモート離任式をハイブリッド方式で実施しました。離任する側も全く誰もいない中でカメラ越しに行うのも寂しいなぁと思っていましたが、新型コロナ感染症対策のこともあり、仕方ないと思っていたので、最後のお別れが出来て良かったと思います。二年前は離任式自体が出来ず、誰ともお別れできずに去ることになったこともありました。まずは教職員による離任式を行いました。長い先生では14年間も川東中学校で勤務され、まさに川東中歴史の証人となっていました。勤務期間は短いものの濃い時間を過ごし、感極まってしまう場面もありました

 それぞれの先生方が、素敵な言葉と感謝の気持ちを伝えてくれて涙のお別れとなりました。「寂しくて辛い」と思える離任式だったと言うことはそれだけ楽しくて深い繋がりの中で過ごした時間だったのだという証です。転任、退職される先生方は、みんなのことを決して忘れることはありません。川東中のみんなも先生方との思い出を忘れること無く、成長した姿を見せられるようがんばって欲しいと思います。

 毎日過ごしていることこそが奇跡にの連続です。この2年間、みんなと一緒に過ごすことができていっぱい感動をもらいました。みんな 本当に ありがとうございました<(_ _)>みんなと出会えるこの偶然の確率は、この世の中で一番小さな確率と言っても過言ではありません。偶然出会う出会いで一生を左右する大きな出会いがいつ来ても言い様に、『邂逅』を大切にして欲しいなぁと思います。

曇り 桜が咲き始めました

 昨日の晴天の影響でしょうか、桜が咲き始めました。新年度を待ちわびているように、たくさんのつぼみを付けて、一斉に満開となるチャンスを狙っているように見えます。部活動も熱心に行われていて、バスケット部が体育館をフルに利用して行っていました。動きもシャープで顧問の先生の身軽さにもちょっぴり驚きました。寒暖差が激しいのでみなさんも体調など崩さぬように気をつけて過ごしてくださいね。

晴れ 暑いくらいの陽気 バドミントン全国大会速報

 昨日の暴風の被害はありませんでしたか?学校は無事でした。ベランダの雑巾が1年4組に集合していたくらいで、フェニックスの大きな葉もいつもより少なめの1枚しか落ちていませんでした。

 今日は暑いくらいの陽気でした。そんな中、バドミントン部の男女1名ずつの2名が愛媛代表選手として全国大会に出場しました。2年生の佐々木さんと福田くんです。愛媛の監督は本校顧問である西原先生が率いて、全国の猛者たちと闘ってきました。令和3年度第22回全日本中学生バドミントン選手権大会 徳島県鳴門市アミノバリューホールで開催でした。

愛媛チーム、なんとベスト8という快挙達成です。おめでとうございます。

福田央毅さん 予選リーグ1勝1敗で決勝トーナメント進出に貢献
佐々木弥都さん 予選リーグ4戦全勝 決勝トーナメント3戦全勝
チームは準々決勝敗退でしたが、佐々木さんは大会負け無し、エースとして大活躍しました。さすがナショナルチームのメンバーらしい堂々たる活躍ぶりに今後がますます楽しみになりますね(#^_^#)

晴れ 令和3年度 修了式

 令和3年度 修了式が行われました。コロナ禍の中でこの1年も制限が入りながらの教育活動でした。「学びを止めない」という方針の中、工夫をして今年度もたくさんのチャレンジをしてきました。タブレットも導入して本格的に使用するようになり、もう今では鉛筆を使用するのと同じくらい当たり前のように授業で利用されています。SFの未来の学校だと思っていたことが現実となり、今では違和感も無くなるほどの日常になるとは思いもしませんでした。

 先に表彰式を済ませ、修了式、修了証授与を行いました。1,2年生の課程を修了し、4月からは1学年上に進級することになります。校長式辞の中ではその心構えも話してくれました。また、講演会の講師の先生のお話を引用され、もう一つ踏み入って、咀嚼して触れていただきました。「のみ」の思い込みの話しから、チャンスが来たときに反応できる準備、諦めない心の大切さをわかりやすくお話ししてくれました。

晴れのち曇り 学年末懇談会と部活日和

 部活も時間は確保出来るものの感染対策の中なのでなかなか本格的なトレーニングが難しい状況です。それでもどの部活も練習メニューを工夫してマスク着用の中、来年度の夏の大会を目指し、また自分のパフォーマンスの向上を目指してがんばっています。生き生きと楽しそうに活動する様子は、見ているこちらまで嬉しくなりますね。