2020年7月の記事一覧

晴れのち曇り 避難訓練実施

 梅雨明けですかねぇ。今から例年並みの急激な暑さが来ると思うとちょっと凹みますが1学期もあと1日となりました。非常変災時引き渡しカードも配付し、今回は火災の想定による避難訓練でしたが、集中して短時間で実施することができました。避難経路、避難場所などいろいろと課題も見えてきますが、人命最優先で迅速に命を守る行動がとれること、緊急時だからこそ、放送や指示をよく聞いて、判断することが求められます。被災時には放送システムや通信手段は遮断される場合も考えられます。まずは自分の命を守る行動が速やかに取れるよう、いろんな場合を想定しておくことは、落ち着いて災害を乗り切ることにとても大切なことです。そのためにも訓練は欠かせないものだと考えます。今年のみんなの迅速な行動は、避難時間にも数字として現れていました。昨年より50秒、一昨年より1分も整列・点呼完了時間が早くなっていました校長講評の中でも、「お・は・し」の約束は、全員良く守られていたこと命を守る行動ができていたことなど褒めていただきました。さらに自分の命をまず自分で守るためにしっかりと判断して行うことの大切さをご指導いただきました。ただ今回は、コロナ渦の中なので全員がマスクを付けてはいたものの、火災時には炎より煙が怖いので、手で覆う、ハンカチや布で覆うと言うことが、生死を分けるポイントになるというお話しを2年主任の先生からもしていただきました。熱い日差しの中でしたが、短時間で集中して行えた避難訓練になりました。災害はいつ起こるかわかりませんが、これからも、もしもの時に備えて訓練をしていく予定です。

晴れのち曇り ようやく梅雨明けですかねぇ

 例年であれば県総体も終わり、四国総体へ向けて最後の調整をかけている時期ですね。全日中を決めている選手は、お盆休みを含め、一番良い状態に持っていくため、計画を立てて取り組んでいるときですね。今年度は、今週まで1学期、暑さは長梅雨のおかげで昨年度までより随分過ごしやすい日が続いています。ただ、今日、明日辺りから一気に気温も上がり夏の日差しになりそうです。十分注意してくださいね。

 セミたちも出番だといわんばかりに、ジャンジャン鳴いています。やや涼しいこともあって、大きな木陰ではアブラゼミを見かけることもあります。川東中にはニイニイゼミも結構見かけます。ちょっぴり季節を勘違いしているツクツクボウシが張り切って鳴いている声も聞こえました。ただ、9割以上はクマゼミでシャーシャーと一番大きな声で鳴いています。

 映画のタイトルにもなった『八日目の蝉(セミ)』(実は私この映画のファンで原作も読んで、寒霞渓や棚田とか撮影現場を見に行ったりするほど面白い映画でした)ほとんどの大人が信じていたセミの寿命の定説を覆した岡山県の男子高校生の論文は衝撃でした。実際に調べたのだそうで、セミを捕まえ、その羽に油性ペンで番号をマーキングして放し、後日、また捕まえてみるというもの。何度も夏の間、調査を繰り返し、アブラゼミ、ツクツクボウシ、クマゼミなど計863匹にマーキングして、そのうちの15匹を再捕獲、さらにまた4匹を再再捕獲したとのこと。そして、調査の結果、アブラゼミ、ツクツクボウシ、クマゼミの3種で10日以上の生存を確認、最長生存確認記録はアブラゼミが32日間、ツクツクボウシが26日間、クマゼミが15日間だったそうです。けっこう長生きしています! おどろきました。きっと、ものすごく大変な調査でだったと思います。なにより、今回のセミの成虫の寿命の調査「そもそもセミの死骸を夏の間に見かけることが少ないのはなぜか」という疑問を持ったことがきっかけだったと記事に書いてありました。もうその着眼点が素晴らしいと唸りましたいつの時代も定説を疑うことから、科学は進歩するのだなぁとガリレオに思いを馳せながら昨年、感動したのを覚えています。まただらだらと長文になりすみません。セミの話はまた今度します<(_ _)>

小雨 清掃、帰りの会と靴箱

 蒸し暑いやら、雨が降るやら、日が差すやら、何とも安定しない天候ですね。身体もてんてこ舞いですが、後残り少ない1学期の授業を締めくくっていました。自転車点検を学年ごとの分散日で行ったり、安全点検は、朝や昼の間に済ませたりと、時間を有効に使って取り組んでいるおかげで、スムーズに出来ています。ただ、一斉に集まらないため、少しずつ資源回収を行う方式に変更をし、教室で資源を保管しています。今は1年5組がダントツで持ってきていました。自転車は整備もされており、心配はありませんが、特に下校時には交通ルールを意識し、加害者となり得ることも自覚し、危険な運転をしないようにと生徒指導の先生からも念押しのお話しがありました。丁度、仕事帰りの時間帯になると登校時同様、交通量も増え、危険度が増します。十分注意して下校してください。

 清掃や帰りの会での放送もとても落ち着いて取り組めています靴箱に至っては、体育などで移動したにも関わらず、帰りの会の途中で撮影してみても、きちんと整えられている学級が多くて感心します。それも、学年が上がるに従って揃えられているのは素晴らしいですね。先輩が後輩の良いお手本になるのは、簡単なようで当たり前なことではありません。ありがとうございます。

曇り 卒業アルバム 集合写真と学級写真撮影

 早くも卒業アルバムの撮影時期です。もう1学期が終わろうとしています。なんだか、この特別な状況の中でも着実に時は刻まれ3年生のみんなは進路決定に向けて、大きな決断の時を迎えようとしています。川東中学校を巣立っていくみんなには、一生心に残る素敵な思い出を作ってほしいなぁと心から願うばかりです

   好きです 川東中 !   

お知らせ マスクについてと陸上競技部佐々木記念2日目

 全国的には、新型コロナウイルスの感染が拡大しているようで、連日報道されています。GOTOキャンペーンなども相まって東京近郊、大阪や観光地だけの問題では収まらないムードですよね。油断は出来ない状況になってきているのは事実です。

 今回のお知らせは、夏の暑い時期となり、近隣の小学校とも情報を交換し、登下校時のマスク着用については、体調や熱中症対策なども考え、付けなくても良いとしました。来週から登下校中に(特に徒歩通生ですが)マスクを付けていない姿を見かけることになると思いますが、ご理解の程、よろしくお願いいたします

 学校内や、正門前での委員会活動などは、マスクを付けて活動いたします。持ってきて、持って帰るという原則は変わりません。朝持っていったのに持って帰ってない場合、どこかに落としてしまったのかも知れませんご家庭で確認をお願いいたします。手作りの布マスクなどは、その落とす心配が少ないように思います。不織布のマスクは、分解されて自然に土にかえるにはなんと、450年かかるそうです川や水路などに落としてしまうと海に流れ着き、海洋生物が誤飲して生態系にまで影響を与えてしまいます。もうすでに世界では、「コロナゴミ」の問題として深刻化しつつあるようです。未来の地球を守るためにも、よろしくお願いいたします朝の登校の見守りついでに近隣の道路でゴミ拾いを4月から毎日続けていますが、マスクはそんなに多くありません9割はタバコのポイ捨てです。どんなに細い道路でも落ちています。もちろん、大人の責任、マナーの問題だと思います。話がそれましたが、マスクの件、どうかご協力お願いいたします

 日記が1回分の表示という縛りがあるので、陸上競技部の試合2日目も一緒にアップします。選手は昨日に引き続き、大幅に自己新記録を更新し、応援する側も燃えました。まだ始めたばかりなのに、これからが楽しみですね。毎回自己ベスト更新が目標ですが、そうするために毎日の練習で手を抜かずに自分を追い込むという決意を込めての自己ベスト更新です。口先だけにならないよう自分に厳しく、仲間と共に、お世話になっている方々に感謝の気持ちを持って行動するってことです。