2021年6月の記事一覧

晴れ まさかの快晴!雨予報はいずこへ

 湿度は高くないので、過ごしやすいとは思いますが、日射しはキツいので、日陰にいたり、水分補給をしっかりしておかない熱中症のリスクは上がります。十分気をつけないといけない時期です。3年体育は、楽しかった水泳を終え、バレーボールを実施していました。珍しく午前中は体育館もまだ過ごしやすく授業できていました。最後に模範演技バドミントン部男子エースと女子はバレーボール部エースがしてくれて、感嘆の声が上がっていました。

曇り 新居浜市学力向上研修会 英語、理科、総合の時間

 今日は、新居浜市内各中学校が会場校となって、教科別に研究授業、研修会が行われました。本校では、「英語、理科、総合の時間」の3教科6クラスで授業公開しました。ICT機器をいかに授業の中に取り入れるかなど、教科はそれぞれ違いますが、研究の視点は共通で行いました。

 さらに、川東中学校のタブレット利用率の高さの噂を聞いてハートネットワークや新居浜市長さん、教育長さん、市役所職員の方たちも異例の参観をしていただきました。まだ導入されて間もない、1年生に至っては、昨年度まで小学校でipadを利用していたのでChromebookは中学校へ入学して初めて使い始めたところです。総合の授業もほんの数時間しか確保出来ていないにも関わらず、覚えも操作も習得が早くて、案ずるより産むが易しと言いますが、まさにその通りだなと感じています。使えば使うほど、タブレットの良さも課題も分かってきます参観していただいた先生方、みなさんが驚かれていました使い慣れてくるとまた課題も生まれてくることでしょう。今はまだ見えなくてもその時期その時期に応じた課題や対応策を考えながら子どもたちも大人も一緒に変化に対応し、進化していくのだと思います。

 

 理科の授業では、授業づくりの段階から助言頂いていた市教委の先生やソフトバンクの方へもリモートでライブ配信しました。数年前までは考えられなかったことですが、東京にいても、大阪にいても、繋がって報告をしたり、御助言頂いたりと研修自体も飛躍的に広がるなぁと思いました。まだまだ今は想像すらできないようなことができていくんでしょうねぇ

曇り 日曜日 不安定な天気 河川敷

 最近の天気予報は、コロコロ変わって見る度に変化します。直近の1日でさえ、変わりまくります。数時間後の雨予測ができるようになったとはいえ、その数時間の間にコロコロ変わるので、予測ができないですよね。今は梅雨なので余計にそう感じるのかも知れません。昨日に引き続き、今日も小雨が降りました。外の練習にはちょうどいい恵みの雨かもしれませんけど。

雨 テスト終わりの土曜日 雨のちくもり

 テストが終了し、部活動が開始された昨日金曜日。突然の雨にビックリしましたね。 本日土曜日も元気に部活動をしている人がたくさんいました。元気が一番です。まだ不安定な天気が続くようですので、薄着で出かけていて雨に打たれたり、日焼けしすぎて熱中症気味になったりと心配はつきませんが用心してくださいね。県総体や大会が近づいてきています。次のステージでしっかりと自分たちの力が発揮できるように、今この瞬間を大切に時間を重ねていきましょう。

 

晴れ 期末テスト2日目と中庭の攻防と表彰式

今日は、朝一番でも少し蒸し暑い感じでした。熱中症リスクも上がっています。気温はそこまで上がっていないので植物や昆虫などは、例年になく元気に成長しているように感じます。田園風景や至る所で咲き誇っている花々が、みんなの登校を先生方の安全指導とともに見守ってくれているように感じます。

 1学期末テストは、大詰め最終日です。テスト勉強は十分効果があったでしょうか?テストがあわると、自分の学習方法の検証が行えます上手く効果があった人も効果が薄かった人も、どのような勉強方法でテストに臨んだか、書き留めておくと良いですね。次の勉強に活かせます。勉強方法は、自分にぴったりのオーダーメイドになります。容姿や性格が一人一人みんな違うように、自分に合った勉強方法も当然違ってきます。しっかりと計画的に学習していかないと、どんな学習方法が自分に合うのかすら検討することもできません。取り組みの反省は必ず次に生きてきます

 

 中庭では、鳥たちと人間の攻防が始まっていました。今年度は早くに技術科の先生ネットで防御を開始しました。今年度は、水やりも脇芽とりも熱心に行っているので、生き生きと色づいています。しかし、鳥たちも負けてはいません。上からはとても降りにくいと思うのに、上手に舞い降りて食べている強者、強鳥もいます。鳥たちも命を繋ぐために必死です

 1学期の表彰式が行われました。市総体関係の表彰が主でしたが、かなりたくさんの表彰者がいて、長時間に及びました。リモート会議で行いましたが、タイムキーパーやリモートパソコンの確認や準備など、生徒会役員が中心に行いました。生徒アカウントではホストにはなれないのですが、使い方を覚えるために、教員アカウントでログインしたものを使って、会議全体をプロモートしました。教員の方が会の進行も含めて準備不足な面があり、時間も延びて申し訳なかったです。教室の方でみんなは起立をしたり、拍手をしたり、離れていてもしっかりと表彰式を行うことができました。この方式に慣れてきたとは言え、やっぱり体育館で全員が集まる表彰式をしたいなぁと思います。

 校長先生が表彰の後、お話をしてくれました。長年、勝負の世界に身を置いていただけに、勝ち負けどちらの立場の人にも深く刺さるお話しでした。とりわけ、心を串刺しにした格言が響きました。選手たちの真剣な表情が物語っていると思います。「勝って兜の緒を締めよ」これはよく使われていますよね。良く聞く格言です。ずっと勝ち続けるチーム、個人は全国でただ1チーム、1人だけです。大半の人は、負けを経験します。圧倒的に経験としては多い、その勝負に負けたときにどうするかが大切ですよね。ヤンコン魂の言霊「負けて密かに牙を研げ」です。おそらくもうすぐ広辞苑には載ると思います。これほどしっくりくる格言はないと思います。準優勝で挑むチーム、1位になれなかった人が逆転を狙って挑む、まさにその心中を表している格言ですよね。大事なことなのでもう一度言います。「負けて密かに牙を研げ」自分の得意分野をさらに伸ばしていきましょう!